カテゴリ:未分類( 79 )

 

2012年でございました。


リンクして頂いた方、
コメントをして頂いた方、
引き続き読んでくださっている方、
また、他にも読んでくださっている方がいましたら、
ありがとうございます。

さらば、2012年。
ありがとうございました。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-12-31 23:14  

数える人として

東急東横線の駅のホームで、
乗降客数をカウントするアルバイトをやった。

来年の副都心線との相互直通運転を見据えた
ダイヤ改正のための資料として使うのだそうだ。

街頭などで、あのカウンターをカチカチしている人を見るたびに、
自分も一度やってみたいと思っていた。
カウンターとは、NHK紅白歌合戦のラストで
野鳥の会の人々が望遠鏡をのぞきながら
赤と白のパネルを数える時に
手元でカチカチやっているあれである。

朝の通勤通学ラッシュの数時間、
ギュウギュウの車内から人が勢いよく吐き出され、
今度は整列していた人たちが吸い込まれて
車内はまたギュウギュウになっていく。

退職して半年。久しぶりにラッシュ時の満員電車を見た。
いま乗らない人間としてその様子を見ていて、
あらためてすさまじいものだと思った。

駅のホームから定点観測している感じで、
色々なものが見られておもしろかった。
電車を待つ間スマホを使っているOLさんは、
かなり高い確率でFacebookを閲覧していたとか、
日吉には数独の達人のおっさんがいるとか。

ただ、倉庫や現場作業に比べるとカラダを動かさないから、
エネルギーを使わないわけだけれども、
長時間基本的にずっと立っているだけというのは、
かえってカラダがキツいと感じた。腰が痛む。

あまりに腰がつらいので、
ポンポンポンポン叩いて痛みを紛らわした。
それからしばらくして、
カウンターを持った手で叩いていたことに気付いた・・・。

来年のダイヤ改正で、
朝のラッシュ時に渋谷行きの本数が増えていたとしたら、
それは私のせいかもしれません。

(あ、でも、増えた方がいいのか)
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-10-25 23:58  

稲みたいな梨みたいな

e0218019_20421020.jpg

“なにも書くものがない?
 空を書け。
 ひとつとして同じ空はない。”

言ってくれるね。

2012.9.27 港南台3丁目から見る西の夕空

[PR]

by hiziri_1984 | 2012-09-27 20:44  

そらコレSummer

e0218019_11304217.jpg
自宅前から北を望む。

e0218019_11305094.jpg
自宅前から東を望む。

e0218019_11305776.jpg
上大岡方面の友人宅前より。

e0218019_11312350.jpg
新横浜あたり。急にクルマがフレームインしてきて、エコカーのイメージ画みたいに。

e0218019_11314098.jpg
王子あたり。

e0218019_11314526.jpg
東北自動車道 小坂PAあたり。向こうは岩手。

e0218019_11315128.jpg
自宅前からの夕景。

夏空の雲には迫力がある。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-08-29 11:35  

海行ったの? ちがう、ただ歩いて焼けた

ぶらぶら歩くのはいい。
退屈しない。
クルマのように制限がなく、
行きたい道へ行けるし、好きな時に途中で止まれる。
特に、知らない場所を歩くのであればなおいい。
そこが観光地でなくとも。
むしろ観光地化されていない場所の方へ入っていきたくなる。

しかしながら、時に、
歩いていてもいまいち興が乗ってこない、
調子が出ないということもある。
そういう時どうするか。
色々ある。

見たもの聴いたものにいちいち反応する。
「こんなとこに畑!?」「苗字が“三角”って」「公園狭っ」
「この辺、昭和だ」「ここ曲がると、あっ、ここに出るんだぁ」
「ダメな感じのデイリーストアだな」「トマソンあった」

すこし調子が出てきたら、
「阿藤さんちの隣が加藤さん。へえ、じゃ次は佐藤さんって寸法かい」
とか、見たものをきっかけにテキトーにいい加減な落語調でしゃべる。
「ほー、玄関のこのがっちりとした構え。立派ですねぇ」
とか、『渡辺篤史の建もの探訪』っぽく目に付いた民家を紹介する。

それから、“もしもここで生まれてたら”という想定で街を見る。
縁もゆかりもない小学校を仰ぎ見ながら、
「帰ってきたぜ母校」とか言ってみたりして。馬鹿になって。

あと、i-podで音楽を聴きながら歩くのは普通にやる。

写真を撮るというのもある。
気になったものは、なんでもバチバチ撮る。
その際、写真家、photoブロガー、友人知人のFaceBook調などを真似る。
あの人っぽく撮ると多分こうとか、あの人ならこの風景やものを撮るとか。
楽しみ方を真似る。それをもっと増やしたい。

そういえば、今日テレビでチラッと見た、
街を歩きながら他人の家の軒先に植えて(置いて)ある植物を
勝手に鑑賞するという、いとうせいこうの企画はおもしろかった。
あれはやれる。

歩き疲れてきたら、
麦酒なんかをちょっと呑んでまた歩くと、気分も変わる。
その頃にはもう夕方だから、歩きは切り上げて、
誰かを誘って飲みにいっちゃいたいけど、
平日でみんなはまだ働いている。

他にも歩く時のあれこれはあったと思うけれども、
歩きながらやっていることを
こうして座りながら書く(打つ)からなのか、うまく思い起こせない。

こんなことを書いていたら、いまふと、
“教養とは、ひとりで時間をつぶせる技術のことである”
というようなことを中島らもが何かに書いていたのを思い出した。
あれは、何に書いてあったんだっけか。

e0218019_3304168.jpg
i-podをラジオで聴く。
思い出すきっかけづくりに、中島らもの『いいんだぜ』を聴く。

[PR]

by hiziri_1984 | 2012-08-18 03:34  

そろそろ宿題が気になりはじめる頃の8月

色々と出かけたので、それを思い出しながら、
またぽつぽつと書いていこう。
e0218019_3103082.jpg

e0218019_3141245.jpg

e0218019_3111488.jpg

e0218019_3112587.jpg

e0218019_311372.jpg

e0218019_3115575.jpg

e0218019_3121246.jpg
e0218019_312221.jpg

e0218019_3123394.jpg

e0218019_3125768.jpg

[PR]

by hiziri_1984 | 2012-08-18 03:15  

そのサイドバックは画面の外で疾走していた

過日、オリンピックサッカー・日本vsスペインを見ていて、
平生テレビで日本代表の試合を観戦している時と比べて、
見ている自分の心持ちが何かいつもと違うなと思っていたのだけれども、
それはなぜか。

選手のことについて、ほとんど知識がなかったのだ。
A代表のように、この選手はどんな身体能力があり、
どんなプレイが得意で、今日の調子はどうかなどといった視点が
まったくない状態で試合を見ていた。

知っている選手は、吉田、徳永、清武、酒井くらい。
ピッチにいる半分以上の選手を知らずに見ていて、
「ここでこの選手のパスが」とか
「このタイミングで上がっていったね~」といったような
一人ひとりに注目するバックグラウンドが少ない分、
ボール周囲のプレイを中心とするチーム全体の連動を
意識して観戦することができた。
それはとても新鮮でありんした。

もう選手の名前と顔とポジションはほぼ一致するし、
次の試合は今回と同じようには見られないだろうけれども、
諸外国のよく知らないチームはまだまだあるし、
他の民報で放送するようであれば、ぜひ見ようと思う。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-07-28 14:06  

ジューンの断片

歩きまわり、友だちを祝い、本を読み、音楽を聴き、ツイートし、
競馬を見て、Youtubeを見て、知らない人と話し、
ラーメンを食い、ラッパから音を出し、デモをして、映画を観て、酒を飲んだ。
本当に意味もなく歩いた。歩いたつっても都内、横浜市内。
それと、この1ヶ月、20代の間で、
最もたくさんの“初めて会う人”と会った。というか、一緒に飲んだ。
それでまた歩いた。
e0218019_1191961.jpg
e0218019_1114192.jpg
e0218019_12173123.jpg
e0218019_11143695.jpg
e0218019_11144341.jpg
e0218019_11145422.jpg
e0218019_1115773.jpg
ケータイはスマホ。
写真を撮ろうにも、いつも電池切れで道中の色々を撮影できず。
ちなみに、今月最も印象に残っている書籍は、
『世界を肯定する哲学』保阪和志
『マダム・エドワルダ』バタイユ
『世界あっちこっちめぐり』さくらももこ
次から次へと。おもしろい。

さあ、7月ですね。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-07-02 11:36  

10番線ホームの建築

JR横浜駅の10番線ホームが好きだ。
e0218019_12103021.jpg
ささやかだけれども、旅情が漂っている感じがするからです。
ここのところ、ぶらぶらしていないので、
ぶらぶらしなければいかんなと思っているところです。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-05-22 12:13  

艦隊雲

空がパッとひらけて、遠くまで望める。
雲というより、飛行体と呼びたい雲が浮かんでおりました。
e0218019_125496.jpg
首都高を抜けて、北柏へ向かうところです。
e0218019_1262975.jpg

5月12日(土)お昼前頃のことです。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-05-22 12:08