ヴィム・ヴェンダース監督 「Land of Plenty」


“テロリストはどこにいる?”
「自由の国」から真実へ向かうロードムービー


Land of Plenty (2004 アメリカ)
監督/ヴィム・ヴェンダース
出演/ミシェル・ウィリアムズ、ジョン・ディール 他


9.11から2年と1日後から映画は始まる。舞台はロサンゼルス。
9.11以降、愛する母国を見えざるテロリストから守る正義の男。
彼はベトナム戦争の後遺症を身に抱えながらも、
誰に頼まれたわけでもなく、自らの意志でロスの街を自警していた。
そこにアメリカ生まれアフリカ育ちの姪・ラナがやってくる。
ネットや旅を通じてフラットな世界観を身につけた彼女がアメリカで見たものは、
豊かな経済大国でも、夢を掴むチャンスにあふれた自由の国でも、
世界を導くリーダーシップに溢れる国でもなかった。

この映画はドキュメンタリーではない。
でも、9.11の真相や「アメリカンドリーム」が
国を世界に知らしめる誇大宣伝広告に過ぎなかったことが分かったいま、
アメリカのリアルな姿のひとつがおそらくまちがいなくここにある。
ヴェンダース監督は、ロスの貧民街にも、
そこで暮らす人々に手を差し伸べることをタブーとする政府の方針にも、
テレビばかりが世界とつながる窓になった地方都市に暮らす人々の現状にも、
容赦なくカメラを向ける。

終盤、叔父と姪はニューヨークを目指してクルマで駆け抜ける。
アメリカを愛し信じる強く哀れな叔父と、
彼に寄り添いながら世界をも愛そうとたくましく生きるラナのまなざしが
同じ方向を向いて走り出すとき、
そこには他のどこにもない、哀愁とかなしさをまとったひとつの国の実相が見えてくる。

地方都市のハイウェイ沿いで、
ラナが「truth(真実)」と「consequence(必然・結果)」が表裏一体であることを
微笑みながら見つめるシーンは、
ヴェンダース作品屈指のやさしさと美しさに満ちたシーンだと思う。


e0218019_21551057.jpg


※フリーマガシン寄稿原稿

[PR]

by hiziri_1984 | 2013-11-09 22:01 | お酒を頂きながら鑑賞  

<< 怖い音 「サイレン」 路上から立ち上がるモノ >>