『ルート・アイリッシュ』

伊勢佐木町ジャック&ベティにて、
ケン・ローチ監督『ルート・アイリッシュ』を観た。
『エリックを探して』を観て以来の新作である。

なぜ友は、世界で最も危険な道で死ななければならなかったのか。
e0218019_13473429.jpg
戦争をビジネスに「効率化」と「利益の最大化」を推し進め儲ける企業と、
その社員として戦場で働いた男たち。
本作を観て初めて、戦闘員を派遣する民間企業が存在し、
派遣された戦闘員を中心として、戦争が行われていることを知った。
もはや彼らの存在なしに、戦争ビジネスは黒字にならないそうだ。
そして、派遣戦闘員は戦地となった国(イラク)の法で裁かれない
という取り決めが、事態をさらに混迷へと導く。

高額の給料が支払われる一方で、会社員たちは、
戦場で拷問し、撃ち、殺し、消えない記憶を抱えて帰国する。
事実、現在何万人もの元・派遣戦闘員が、日々カウンセリングへ通っている。
「純粋な頃の昔の自分に戻りたい」と吐露する元・会社員の男のけじめと末路。
ケン・ローチは今回も徹底して、社会の中で苦しむ庶民を映す。

いま、サッチャーの映画をやっているけれども、
サッチャー政権は「新自由主義」のもと、
一部の富裕層を潤し、市民から職を奪ったという見解があることを
忘れてはいかんだろう。
(サッチャーの映画を観たわけではないので、何とも言えないけれど)
ケン・ローチ監督は、鉄の女の涙ではなく、
その「英断」によって日々の困窮した暮らしに泣く市井の女の涙に
レンズを向け続ける。
e0218019_14445650.jpg
“話がおかしければ、金の流れを追え”
“正しさとは何かを問い続けること”

名作『ケス』以来、
目的を失わないジャーナリズムで撮るケン・ローチは、
真実を追求し続ける、本質からブレない社会派作家のひとりである。

[公式サイト] http://route-irish.jp/
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-05-30 14:40 | 映画館で観る  

<< 国道15号線を歩いた 深夜1時頃 『ル・アーヴルの靴みがき』(後) >>