梅干ラーメン はんちゃんラーメン

会社を出れば、
あぁもうこんな時間だわ、つって赤坂。
午前1時過ぎ。

この時間なら、お店はまだ営業している。
油そば専門店「burabura」もいいが、
赤坂界隈には、きっとまだラーメン屋があるはずと信じて、
見附方面へ進むと、あったよ「ラーメン」の橙提灯。

元祖和歌山梅干ラーメン「はんちゃんラーメン」。
e0218019_624827.jpg

じゃあってんで、名物の梅干ラーメンの醤油を発注。(味噌もある)
結果からいうと、なかなか旨かった。
ラーメンに厚い梅の果肉がたっぷりめにブチ込まれている。
さっぱりする梅の風味が、こういう味のラーメンは初体験かも。

ただ、見た目がこれ、全然食欲をそそらない感じで困った。
「はい、お待ち」って目の前に丼が置かれたわけだけれども、
スープの色がね、どうも・・・タール色というか・・・。
そのせいで、梅肉もほら、ややグロテスクちゃんに見えるよ店主、つって。

でも食った。人は見た目によらない。ラーメンもこれまた然りつって。そう信じて。
そしたら、けっこうイケたのだ。麺はちぢれ麺で。
食うほどに、梅干がスープと溶け合い、マイルドになる。これがいい。

棚上のテレビはorion。どこのメーカーですかこれはと思いつつ、
志村けんのコント番組を見ながら、すすった。

厨房のおっさんは、屋台からたたきあげの人という風情。とても腰が低い。

酔ってしまえば、スープの色なんて気にならない。
赤坂で飲んだくれて、〆たくなったら、
ココ、はんちゃんラーメンのさっぱり梅干ラーメンをすするのもいいと思う。
[PR]

by hiziri_1984 | 2011-02-24 02:02  

<< 岩木山 facebook >>