午前5時の赤坂レポート(お茶漬け)

退社すれば、
あぁもうこんな時間だわ、つって赤坂。

さすがに、ほとんどの店は閉まっていて、
油そば専門店ぶらぶらも午前4時で閉店だ。
(午前4時閉店の店は多い)

で、店ねえかなってぶらついてたらあった、
お茶漬けとちょい呑みの感じ、「こめらく」。

少瓶麦酒2本、鴨のスモーク、ししゃものマリネ、わさび茶漬けを頂く。
カウンター席で。少しく緊張した。

背後、ボックス席で盛り上がる4人組の、多分博報堂の人たちは、
「アルマーニが終わる時代が来ると、俺は思うね」
「日本の女性はブランドといえば、バック。その視点、つーか感性。それが悲しいよね」
「あぁ、それ共感できるかも。」

ししゃもが子持ちで旨い。麦酒がすすむ。

ちと高い、気がする。会計2千五百円也。
でも、何はともあれ、この時間まで営業しているのがありがたい。
4:50頃から「閉めますよ」的雰囲気バリなのには、閉口したが。
気持ちは、わかる。

ひとくち茶漬けの店、「八十八楽」と書いて"こめらく”。
午前5時まで開店しているので、
赤坂で飲み倒し、歌い尽くし、始発待ちの際はここで〆るのもよいと思う。

e0218019_535095.jpg

[PR]

by hiziri_1984 | 2011-02-17 05:46  

<< 深夜1時の六本木レポート(沖縄料理) 少年ヤクザ >>