<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

競馬をおもしろくしてくれるのは、いつも言葉だ。


競馬をおもしろく感じる瞬間は、やはり、そこに物語を見つけた時だ。

血統、因縁、念願、復活、絶望、奇跡、伝説・・・

ともすれば、白々しく、寒々しく響いてしまうような大仰な言葉を
受け入れる器のでかさが、競馬にはある。

2012年度、JRAのCM「The WINNER」シリーズがいい。

高松宮記念 (キングヘイロー)
http://www.youtube.com/watch?v=7PoNbuwP8ts&feature=relmfu
面子がこんなにかっこいいのは、新しい。

桜花賞 (メジロラモーヌ)
http://www.youtube.com/watch?v=aJPiK8_v-Hk&feature=relmfu
牝馬史上最も美しい青鹿毛が、赤と黒の対比で鮮烈。

皐月賞 (アグネスタキオン)
http://www.youtube.com/watch?v=oYKAOuSZ5B0&feature=relmfu
“超高速の粒子(タキオン)”を顕微鏡とカレイドスコープで表現している。

天皇賞(春) (ライスシャワー)
http://www.youtube.com/watch?v=IByGQF-123o&feature=relmfu
“極限まで削ぎ落とした体に、鬼が宿る”

それぞれ知っている馬とそのレースであるだけに、興奮もひとしおだ。
スポットをあてる名馬を、昨年のCMシリーズに比べて、
やや王道からズラしているようだ。
個人的には、日本ダービーをサニーブライアンで、
確信犯的な事件という感じでやってほしい。
(タイトなスケジュールで制作してるんだろうなぁ)

一昨年までの「CLUB KEIBA」は新規ファンの獲得が
狙いだったと思うけれども、
昨年の「20th CENTURY BOY」シリーズといい、
今年の「The WINNER」といい、
これでもかというぐらい競馬ファンど真ん中の
サラブレッドレジェンド表現。
おそらくは、不況で競馬離れした元ファン(特にM1層とそのちょい上くらい)の
リマインドが狙いだろう。

わかりやすいくらい、モロな「かっこよさ」。
思う壺だが、ワクワクする。
映像、音、そしてナレーション。
すこしくらい饒舌でもいい。
競馬をこんな風に劇画チックに語る表現は、少ない。
書籍やドキュメントだと妙にしめっぽくなってしまうきらいがあるし。
(それはそれでいいんだけれども)

サラブレッドは、ただひたすら勝つために走る。
実況も。書籍も。CMナレーションも。
その疾駆する姿に物語を見て、想いを重ねる。
ゾクゾクする。
今年は、賭けてもみよう。

ちなみに、サラブレッドの走りを、見る人の生き方や人生観に響かせる
昨年CMシリーズの方が、コピーに深みがあるとは思う。
http://www.youtube.com/watch?v=7AiJq_Kg-bs&feature=related
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-04-16 00:43 | お酒を頂きながら鑑賞  

やったぜ!揚州商人新聞

小生の浅はかなる知見にて、
とんだ誤りを本ブログに掲載してしまったので申し上げる。

1時間ほど前に、
揚州商人赤坂店にてひとり、飲みかつ食らった折り、
パッと目に入った。
e0218019_2253083.jpg
揚州商人新聞は、いまなお健在であった。

前々回の記事にて、
「発行が1年前で止まってしまっている」などと
書きのたまわってしまったのだけれども、
それは単にwebの更新がされていなかっただけで、
編集部は毎月粛々と発行を進めていたのだ。
さらに、刷って店頭にて配布していることを知り、
ますます愛着が深まった。

今回の特集は、恋の季節・春にちなみ、中国歴代の美女について。
おもしろいのは、それぞれの美女に
“蓮の花のような美しさに驚いて魚たちが川底に沈んだ”とか、
“美しい月でさえも絶世の美女には及ばないと思い身を隠した”
といった逸話があることで、
風光明媚を誇る中国らしい美しさの表現であるなと思う。
“沈魚美人”西施
“落雁美人”王昭君
“閉月美人”豹蝉
“羞花美人”楊貴妃
花鳥風月が織り込まれた名とともに、その美しさは
伝説として語り継がれ、数々の絵画に描かれている、とのことだ。

四コマ漫画「揚州裏劇場」のオチのわかりづらさは相変わらずだし、
店員ブログは、頑張ります!的な内部向けメッセージばかりだし、
はは、すこし意地のわるい楽しみ方かもしらんが、
この社内報のような手作り感を元気いっぱいでお送りしている感じが、
なんかこう、好ましい。稀有だよ。

ただ、webは更新してなんぼのメディアだと思うので、
ぜひ早急にPDFをアップして頂きたい。

誤解のお詫びにビールを一杯追加注文し、
多少なりとも売上に貢献して、お会計致し候。
謝謝。
e0218019_2254119.jpg
青島ビールのラベルが新装されておりました。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-04-05 02:45 | 瀆書体験  

本当に大事なモノだったら、なくならない。

子どもの頃、自分の宝物を空のビスケット缶に詰め込んで
お気に入りの場所に隠す、というひとり遊びをやっていた。
その隠し場所が、
家の中ではなくて外だったのがこの遊びのポイントだった。

近所の団地の裏手に人気のない場所があって、
隠し場所はそこの排水溝。
そのあたりは椿やつつじ、紫陽花などが植え込まれていて、
排水溝の上に葉が覆いかぶさって
ちょうどうまい具合に死角になるところがあった。
そこに宝物箱をそっと隠した。
ちょっと離れて見てみる。うん、見えない。隠れてる。

ビスケット缶の中身はたしか、
父からもらったdunhillのライター、キュベレイのガン消し(ガンダムの消しゴム)、
祖母からもらった亀のお守り、いちばんよく飛ぶ紙ひこうき、
ドラクエⅡのファミコンカセット、
ビール瓶の王冠コレクション、聖徳太子のお札など、
他にも色々入っていたような気がする。

“自分にとって本当に大事なモノなら、外に置いてもなくならない”

自分で自分を試すような、
あるいは宝物に自分が試されているような、変な実験めいた遊び。
もしもなくしたら、親に「どこやったの!?」と怒られるかもしれないし。
いけないことをやっている感覚があった。

隠し終わると、足をバタバタさせたいような、
いてもたってもいられないというきもちになり、
お腹の下あたりがムズムズした。

誰にも見つからないように、そっと団地裏の茂みから抜け出した。
すごくドキドキしていた。
とにかく、ケーサツに見つかったらまずい。(アホか)
架空の敵を相手に、忍者気分でダッシュで家に帰った。
(いま思うと、この昂揚は梶井基次郎の『檸檬』を読んだ時のそれに似ている)
晩ごはんを食べていても、テレビを見ていても、
宝物箱が気になって気になって仕方なく、
また、それを思い起こす度にお腹の下がムズムズした。

翌日、下校途中に急いで茂みへ行った。
通りの方から、学校帰りの生徒たちのふざける声が聞こえる。
スッとしゃがんで、そっと覆いかぶさっている葉をよける。
宝箱は、まだあった。中身も無事だ。
よかったぁ、やったーと思う反面、おかしいのは、
無事だったことにもの足りなさを感じたことで、
その物足りなさを埋めたかったのかどうか、
宝箱からドラクエⅡのカセットを取り出し、
ラスボスを倒しすっかりクリアしたにもかかわらず、
家に持ち帰ってプレイして後、夕方また宝物箱に戻したりした。
「外にしまう」という妙なたのしさがあった。

そこで記憶は途切れる。
その先どうしたか、思い出せない。

覚えているのは、ある日見に行くと、
宝箱がなくなっていたということ。
それが隠した日からどれくらい経った日なのか、さっぱり記憶にない。
ただ、雨で流されちゃったんだな、という結論で
自分を納得させて、落ち着かせたような気がする。

宝箱がなくなったことに対して、多少の悔しさはあっても、
思ったより大きな悲しみが湧かなかったように思う。
もうその時は、別の遊びに情熱が向いていたのかもしれない。
飽きっぽいのは、いまもあまり変わっていない。

宝物を安全な家の中じゃなくて、外の誰にも見つからない場所に隠す。
自分の大切なものが外の世界にさらされてしまうドキドキ感。
それを自分で行う自虐感。
当時、それを認識してはいなかったけれども、
言葉にするとそういう楽しさだったのだろう。

不意に、父からもらったdunhillのライターのことを思い出して、
芋づる式に「宝物隠し」遊びの記憶が出てきた。

変な遊びだったなぁと振り返りつつ、
あるいは、自分のマゾヒスティックな性質は
こういう遊びによって開発されていったのではないかと思ったりもした。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-04-03 02:41 | 散文  

チャーハン伝 ~揚州商人~

ぜひともチャーハンが食べたいなぁと思って出かけて行く揚州商人は、
一家3代続く中華のお店で、古くは店主のおじいちゃんが
北千住で中華ラーメン屋をやったのがそのはじまりだという。

池袋西口、赤坂、新橋、横浜スタジアム前、
自分は4つの揚州商人へ行ったことがある。
なかでも、横浜スタジアム前店は、競合ひしめく中華街の横にあるからか、
他店舗にくらべて、店員が溌溂としている感があって、活気がある。
http://www.whistle-miyoshi.co.jp/shop/information.html?nID=21
たまたま、そういうシフトに当たっただけかもしれないけどね。

どこもスタッフは中国人がキャスティングされていて、
それは、上海にある様々なお店を参考に作ったという
店内の雑多な内観デザインとあいまって、
庶民派中華食堂というような、親しみやすい雰囲気を醸し出している。
ジャッキー・チェン映画のセットっぽい。
好きだ。
自分が注文するものは入店前からもう決まっていて、
レタスチャーハン、半餃子、青島ビール。
「6番スアン、リェタスチャーホァン、ハンギュオウザ、チィンタァオビール」。
楽しい。そして、うまい。

きょう知ったのだけれども、
揚州商人のHPでは、揚州商人新聞という自社発行の新聞が読める。
これが、なかなかおもしろくて、
「揚州裏劇場」という鉛筆手書きの4コマ漫画やスタッフの小話コラム、
中国語クイズなどが掲載されている。
内容はさておき、小学生の頃の学級新聞を思わせる手作り感がいい。
なんとなく中島らもの「啓蒙かまぼこ新聞」を思い出した。
発行が1年前に止まってしまっているのが残念である。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-04-02 18:12 | 瀆書体験  

ピースフルヶ丘

e0218019_2112125.jpg
平和だなぁ。
JR根岸駅からぶらぶら歩いて、坂を上がり、
20分ほどで着いた根岸森林公園。
芝生、レジャーシート、家族、キャッチボール、ごろ寝、
丘の上は、いくぶん陽射しも近く感じられ、気持ちいい風が吹き抜けて、
ここはすっかり春来とるなぁ、つって。
坂を上ってこの風景がパッと広がったのは、なかなか壮観だった。

なぜこんなところへ来たのかというと、
ここに昔、競馬場があったと知り、天気もよい具合だし、今日こそ行こうと。
e0218019_2135229.jpg
e0218019_21362197.jpg
昭和初期から第2次大戦までサラブレットが駆けた、根岸競馬場。
いまはこの観覧場を残すのみである。
思った以上に大きくて、立派で驚いた。
建物全体にすっかり蔦が巻きついており、
木や花も群生していて、廃墟の趣が濃い。
e0218019_2138340.jpg

e0218019_222110.jpg

e0218019_21404057.jpg
フェンスと有刺鉄線に囲まれて、中には入れない。残念。
振り向けば、みなとみらい地区が望めて、気持ちがいい。
e0218019_2143356.jpg
それからここには馬もいて、予約をすれば乗馬もできるみたい。
久しぶりにサラブレッドを近くで見た。
その後、園内にある観覧料100円の博物館へ行き、
横浜競馬の歴史などを勉強した。
サラブレッドの起源と血統をまとめたスライドが、わかりやすくて、面白かった。
客、全然いなかったけれどもね。
博物館のエントランスに5冠馬シンザンの銅像があって、
そこには漢字で「神賛(しんざん)」と刻まれている。凄い名だ。
名馬に一礼して丘を降りました。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-04-01 21:59