<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

新聞はもう来ない

本日の読売新聞の書評欄、
よしもとばなな『スウィート・ヒアアフター』に寄せる
「心を取り戻させる小説」という題の小泉今日子の文章。

22才の私の日々は目が回るほど忙しく、文字の通り心をなくしていたと思う。仕事をしている以外の時間は無気力で、息を吸って吐くということすら上手に出来なくなっていた。まずいなと心のどこかで感じていたけれど問題に向き合う元気も湧いてこなかった。そんな時、著者の処女作「キッチン」を読んだ。ただ一冊の小説を読んだだけなのに、心は私の元にすんなりと戻って来てくれた。
〈中略〉
22才だった私は心を取り戻し確かに生まれ変わった。人から見たら何も変わらなかったかもしれないけれど、自分の目に映る世界はガラリと変わったのだ。あの感覚を今はっきりと思い出した。生きているということはそれだけで奇跡のように素晴らしい!のだ。

作家、大学教授、ジャーナリストたちが記事を寄せるなか、
女優・小泉今日子は一般読者の代表という視点で
自分の人生経験、読書体験をもとに
いつも率直でまっすぐな文章を書く。
いわゆる芸能人なのに、普通に共感できるのが不思議で、おもしろい。

たとえば、
よしもとばななの描く「生」には、
その裏に、常に濃い「死」の気配がある。
だからこそ、人物たちの生が輝いて映る。
それは、3.11以降のこの世界にあって、
よりいっそう強烈に感じられる。
といったような文学的読みをたのしむ一方で、
作品と自分の個人的な体験とがリンクした時の感動とか、
ある一節から忘れかけていた過去の一場面を急に思い出したりとか、
そうした読書の愉しみを忘れずにいたい。
むしろそれが、読書の本分だ。
と、小泉今日子の文章は思い起こさせてくれる。

今月いっぱいで我が家は新聞をとるのをやめるのだそうだ。
節約生活がついに新聞にまで及んだ、のか。

毎週日曜日に掲載される書評欄から
「この本はおもしろそうだ」という記事を切り取り、
ノートに貼っていくという作業を続けて、気付けば8年程経った。
途中、中断した期間もあるけれども、それでもノートはかなりの量になっている。
ノートに貼らぬまま、該当の記事に丸だけつけて、積み重なっているものもある。

始めたきっかけは、
当時書評委員だった町田康の文章がおもしろかったから。
(彼はもう降りていて、作家では川上美映子とか朝吹真理子とか。
 ちなみに評論家は現在ひとりもいない)

ちなみに朝日新聞の書評委員を調べてみると、
荒俣宏、柄谷行人、穂村弘、横尾忠則、石川直樹という名前が並んでいて、
大学教授ばかりガチガチに固めている読売よりも、
俄然おもしろそうだ。
これから日曜は朝日を買おうかしら。

書評そのものを読むのもおもしろいし、
「後でその本を買って読んで、また書評記事を見返そう」という
つもりもあって続けてきたけれども、
この8年の間に丸を付けたうち、
どれくらいの量の本を読めたかというと、
おそらく全体の5%にも満たない。
読みたいものは書店に行ってもたくさん見つかるので、
特に仕事に就いて読書量が減ってからは、
ノートと記事は溜まる一方で完全に消化不良を起こしている。

新聞をとらなくなるということだし、
なんとなくこれをきっかけに
ぼちぼち、丸を付けた書籍を読む方へうつりたいな、と思っている。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-01-29 23:32 | 瀆書体験  

DOKAN

e0218019_18503651.jpg
土管だ。
本当に、市民の憩いの場に土管が置いてある。初めて見た。
ただ、こう、ドンと置いてあるものか。
This is 遊具.
妙に存在感がある。
e0218019_18541219.jpg
この土管で、
捨てられた子犬が拾われたり、
雨宿りの小学生の男子と女子がキスをしたり、
頭をぶつけた子どもが泣いたり、
家のないおっちゃんが寝たり煮炊きをしたわけだ。

埼玉県の北上尾駅から徒歩3分の公園でご覧になれる。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-01-28 17:37  

引き続き、競馬

“99年 天皇賞(秋)

 スペシャルウィーク、
 逆襲のラン。

 本当の敵は、諦めだ。”

2011年 JRA TV-CM
http://www.youtube.com/watch?v=7AiJq_Kg-bs
(スペシャルウィーク篇は3:00あたり)

引き続きの競馬ネタなのだけれども、
昨年こんなCMが巷で流れていたことはまったく知らなかった。
(おそらくDの制作)

99年 天皇賞。勝ち馬 スペシャルウィーク。
前哨レースでの着外、4番人気という評価をくつがえし、
同世代の強豪馬たちを豪快に差し切ったレース。タイムはレコード。
「逆襲のラン」が、たまらん。

コピーだと、
「常識は、敵だ。」(ミホノブルボン篇)
「群れに答えなどない。」(ナリタブライアン篇)
といった、名馬の栄光にひもづけて、
「生き方の美学」を表現するものはかっこいいけれども、

“僕らは、ひとりでは強くなれない。”

というエルコンドルパサー篇が好きだ。
他篇とはちがう競馬のおもしろさにスポットライトが当たっている。
(ちなみに、98年ジャパンカップは世界の名馬が
 揃うなか、日本勢が上位を独占したレース)

抜群の強さではなくて、強さと強さがぶつかり合って限界を超えていく。
道中、横を走るサラブレッドが、敵であり、また仲間であるという捉え方。
孤高よりも、切磋琢磨。
ちょっと『One Piece』的思想を感じさせる。
共感度の高いコピーだと思う。

ちなみに98年ジャパンカップは、
1着エルコンドルパサー、2着エアグルーヴ、3着がスペシャルウィーク。

この頃は、
天才肌のSS産駒スペシャルウィーク、後に海外GI馬となるエルコンドルパサー、
万能マイラー グラスワンダー、二冠馬セイウンスカイ、メジロの結晶メジロブライト、
屈強のシルバーコレクター ステイゴールド、名牝エアグルーヴ・・・
後に最強世代と言われる名馬たちが生まれた時代。
自分は中~高校生。熱狂した。

「みんなを競馬に。JRA」

タレントを使わなくたって、
サラブレッド、レース、騎手、調教師―
JRAには見る人を熱くするだけの、充分な資産がある。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-01-22 19:23 | お酒を頂きながら鑑賞  

名実況

“世界のホースファンよ見てくれ。
 これが日本近代競馬の結晶だ!”

ディープインパクト、史上6頭目の三冠達成。
この実況を久しぶりにやっと聴くことができた。
馬場鉄志氏の名アナウンスである。
(youtubeにあげてくれてありがとう!)

第66回 菊花賞
https://www.youtube.com/watch?v=keMvD7qrtMw

新聞・馬券吹雪が舞う向こうで
駆け抜けるディープインパクトがとにかく鮮烈で、
そしてこのアナウンス。

“世界のホースファンよ見てくれ。
 これが日本近代競馬の結晶だ!”

当時、テレビで見ていて震えた。
情報を伝えるための実況が、
馬主の声になり、調教師の声になり、騎手の声になり、
そして、競馬ファンの声になった瞬間。
もちろん、原稿をきちんと用意していたのだろうけれども、
忘れられない名実況だ。

それから、同じく三冠達成のレースとなった、昨年の菊花賞。
最後の直線、他の馬を突き放し、
三冠に向かって単独で疾走するオルフェーブルを映しながら、
歴代の三冠馬の名をならべる実況は、グッときた。
(若干、演出が効き過ぎてる感も否めないけれども)

第72回 菊花賞
http://www.youtube.com/watch?v=D783542fikg&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=2&feature=plpp_video

“これが三冠だ!”という一言に凝縮したシンプルな実況も、わるくない。
http://www.youtube.com/watch?v=559VI4ZPHAI

それからすこし昔にさかのぼって、1997年の日本ダービー。
逃げ切り、二冠を制したサニーブライアンの走りが痛快だ。

“これはもう、フロックでも何でもない!”
(※フロック・・・まぐれ当たり、偶然の勝利)

この三宅アナの実況も、多くの競馬(実況)ファンの記憶に残っているだろう。
なにせ、痛快だ。

第64回 日本ダービー
http://www.youtube.com/watch?v=6WSV2DYh2A0&feature=context&context=C3faeb62ADOEgsToPDskKnTz8SSfeUL96r56T4W9m9

個人的には、ゴール後に
“勝ちタイムは2分25秒9、上がりの3ハロン35秒1。
 この上がりでは・・・後ろの馬は届かない!”
と、しっかりとタイムで走りを物語るところが好きで、
サニーブライアンの“フロックではない”強さがグッと伝わってくる。

レース映像的には、
スタート直後、小柄な馬体が
先頭奪取へ向けて、外枠から一気に加速するところが熱い。

上記が原稿ありき、ある程度想定済みの実況だとすると、
一方でやはりレースならではのライブ感。
予想外、波乱から生まれる名実況もある。

“大外から一頭、
 何か突っ込んでくる!”

第115回 天皇賞 春
http://www.youtube.com/watch?v=-C_UFjdUpLs&feature=related
想定外のレース展開ではあったが、
杉本清氏は田原成貴とトップガンの気配にしっかり注目していた。
同レースの他の実況と比べると、その差は大きい。

http://www.youtube.com/watch?v=iiYg-ECUeGc&feature=related
(NHK。画面の外から突然現れるトップガン。映像的にはこれがいちばん好き。
 一度「マヤノトップガンは苦しいか」と実況した
 アナウンサーの驚きが生々しくて、それはそれでおもしろい)

http://www.youtube.com/watch?v=wxmk3lHOwak&feature=related
(JRAオフィシャル(?)。3強が並ぶあたり、できればカメラを寄ったままがよかった)

毛色が好きだったのでローレルを応援していたけれども、
トップガンの末脚炸裂に惚れ惚れした。

他に、アナウンサーで言うと、青島アナ。
絶叫系と揶揄されることも多いけれど、
短距離系や混戦時の目まぐるしいレース展開では、
淀みない高速実況は聴いていてたのしいし、声も好きだ。

前の馬群を割ってゴール直前ギリギリで差しきるウォッカを実況した
第59回安田記念は、彼の絶叫が見ているこっちの心境を代弁してくれているようで、
たまらんかった。

第59回 安田記念
http://www.youtube.com/watch?v=MFxbbnw5PU0

ファンファーレ前に“農林水産省章典 第〇〇回 GI 〇〇賞”と
レース名の正式名称を言うスタイルも、GIらしく、気持ちが引き締まって、いい。

書き記したい実況は、まだまだあるけれども、
もう夜遅いのでこの辺にしよう。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-01-16 02:53 | お酒を頂きながら鑑賞  

末吉

鎌倉・鶴岡八幡宮に初詣へ。

浪人時代の頃から願うことは同じで、
「努力した分は、成果が出ますように」。

おみくじ、今年は末吉。
e0218019_1249718.jpg

e0218019_12491869.jpg
「善行は、知る人ぞ知る」と説得力のあることが書いてあったり、
また、「必ず吉運がある」と書いてあったりして
末吉のわりに心強い。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-01-03 23:47  

2011年のselection

風のバンド。
http://www.youtube.com/watch?v=KzL35D2hdlE&feature=related

日本語と歌唱。心に沁みる名カバー。
http://www.youtube.com/watch?v=LfiFDbdGq3s&feature=related

この人のパンクは愛とかやさしさであり、
それはさびしさや情けなさの裏返しである、と思った。
http://www.youtube.com/watch?v=cjHp38GnsT4&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=59&feature=plpp_video

世の男のご多分にもれず、このダンスが大好きだ。
http://www.youtube.com/watch?v=bUE6Sng72j4&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=100&feature=plpp_video

顔面芸。
http://www.youtube.com/watch?v=SdpO8b-oA7k&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=22&feature=plpp_video

名作コントを観まくった(その一部)。
http://www.youtube.com/watch?v=__VXBsX6Le8&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=20&feature=plpp_video
http://www.youtube.com/watch?v=X75VLyeAkCI&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=19&feature=plpp_video
http://www.youtube.com/watch?v=qlu-et438xQ&list=FLqKOS4PQV0YgsLbu491ncGQ&index=38&feature=plpp_video

またはじまらないだろうか。
http://www.youtube.com/watch?v=L_HkTP0ldv0
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-01-01 01:45 | お酒を頂きながら鑑賞