散策について


ぶらぶら街を歩いていて、
ふと、花に目がとまることが多くなった。

どこぞの街で、メイン通りから一本裏路地へ入っていくと、
もう随分前から人が住んでいないらしい廃屋が並んでいる。
半壊した原付バイクが立てかけてある。
取っ手がなくてどうしようもない蛇口。汚水が溜まった象さんのジョーロ。
ベランダにあるパラボラアンテナが茶色く汚れて傾いている。
そのまま庭に目を下ろすと、
ハッとするくらい濃い白のユリが
気味悪いくらい元気に咲いていたりする。
例えばそんなこと。

e0218019_130493.jpg

(これはユリじゃないですけどね!)

この場合、咲いている花はなんでもよくて、
どんな街や場所で咲いているのか。
それによって立ち上がってくる情感のようなものがある。
なんて言いつつ、他でもないその花が咲いていることに
何かしら意味があるなような気もする。

とまぁ、そんなことがしはしばあるので、
写真を撮り、今は名前も調べてみることにしている。

e0218019_120797.jpg

これはユキヤナギ。
名前は「柳」だけど、実はバラ科。
春先に自宅のそばで咲いていた。



[PR]

by hiziri_1984 | 2015-06-01 01:23 | 情景採取  

ひとりになる時間 >>