奥さんを口説け


「チラシ屋」と聞くと、
“チラシづくり一筋の職人的広告屋”と思われるかもしれないけれども、
広告業界では揶揄的に使われることが多い。

そりゃ、TVや雑誌、駅ホームにある交通広告などに比べれば、
折込チラシには派手さもなく、話題になることもほとんどない。地味な広告媒体である。

しかし、である。
折込チラシは時に、一家の夕食の献立、週末の外食やお買い物の予定を
左右させてしまう決定的なチカラを持っている。

多くの折込チラシのメインターゲットは、
一家の財布のひもを握る奥様方である。
世の奥様方は鋭い。厳しい。そして、ちょっと欲張りだ。
彼女たちからダイレクトに返ってくるレスポンスの、なんとシビアなこと。
でもまた、一度気に入ってくれれば、
「がんばってるじゃなーい」とひいきにしてくれる人種でもある。
そんな敵をひきつけ、落とすにはどうすればよいか。

目をひくインパクト。読みやすいレイアウト。
お店のブランド感、ワクワクさせてくれる期待感、そしておトク感。
パッと目にして「おっ!」とか「へー」となるか、飽きられるか。
勝負は一瞬。

わがままなクライアント(広告主)の要望を汲み取り、
時にしれっとそれをやり過ごし、
あくまでチラシを見る人の生活のリアルに迫って誌面をつくる。

セールの安さを強調する金赤は、
馬鹿馬鹿しさを通り越して、もうなんだか清清しいくらいだ。

e0218019_23144931.jpg

『目をひく!読ませる!チラシデザイン』 パイインターナショナル

日々新聞に折り込まれるチラシを集めた図鑑的一冊。
実に多彩。
主には、デザイナーが制作の参考に活用する本なので
一般の方には手が伸びないかもしれないけれども。
本書のライティングを担当させて頂いたので、ご紹介。
宣伝でござる。

e0218019_2315338.jpg

e0218019_2315542.jpg

e0218019_23161064.jpg

[PR]

by hiziri_1984 | 2012-10-31 23:22 | 瀆書体験  

<< 決定的瞬間 裏横浜といったところ >>