弘前と書いて“ひろさき”と読む

五能線に乗って、弘前へ。

e0218019_23465138.jpg


e0218019_23472575.jpg


e0218019_2354419.jpg


e0218019_23485578.jpg


e0218019_2349913.jpg


e0218019_23532790.jpg


e0218019_2352733.jpg


e0218019_23493369.jpg


e0218019_23514415.jpg


ただ歩いた。暑かった。

そういえば、弘前(ひろさき)の「さき」は
「前」と書いて「さき」と読むというのは変わっているな。

歩いた。目的地はない。
途中涼みたくなったが
しかし、中心街を離れると喫茶店やカフェはまったく無いので、
図書館へ駆け込んだ。図書館は涼しい。

せっかくなので、弘前出身・寺山修司の本を一冊読む。
彼の著作を読むのは、浪人生時代ぶりくらいか。

それから文学館へ行った。ここは100円で入れる。
冷房が効いていて、いい。
太宰治特集をやっていて、生原稿や創作ノートを見られた。
原稿やノートの欄外に、
自分の横顔を沢山書いていたのが印象的だ。

それ以外は、数年前と展示内容はまったく同じ。
津軽文士について復習した。

また、歩いた。
[PR]

by hiziri_1984 | 2012-10-03 23:58 | 西津軽探訪記(2012.8.15)  

<< 土の匂いだこれ、弘前 五所川原で180円のチューハイ... >>