五所川原で180円のチューハイと津軽漬け

晴れた日、五所川原駅で降りて、黙々と歩いた。

e0218019_12212852.jpg


e0218019_12214062.jpg


e0218019_12214845.jpg


e0218019_12215538.jpg


e0218019_1222239.jpg


e0218019_1233410.jpg


e0218019_12221072.jpg


e0218019_12321422.jpg


e0218019_12221659.jpg

かつては繁華街としてさかえ、
父曰く大きな映画館もあったそうだ。
仲間と連れ立って飲みに行くとなれば、
この五所川原であったらしい。
しかし、昔に比べると「何もなくなった」と言う。

歩きはじめて10分。
たしかに、父が話す当時の頃とは様子がちがう。

一本裏道に入ると、
スナックやナイトクラブ、一杯飲み屋が立ち並ぶ
湿っぽい通りに出る。

一軒、昼間から開いている店があったので、
ちょっと飲んで大将に話をすこし聴いた。

イトーヨーカードーの登場によって、
地元百貨店や商店街はすっかりなくなってしまったらしい。
そういえば、鯵ケ沢もくそイオンのおかげで、
駅前のにぎわいは消えた。

ちなみに、青森県内で初のスターバックスが出来たのは、
ここ五所川原であるとのことで、
そこんところは笑って誇らしげに語っていた。
「今度、立佞武多を見にくればいい」
そうする。また、次は夜に来てみたいところだ。

五所川原は、いまでも交通の要所である。
JR五能線と津軽鉄道が乗り入れ、
青森と関東を結ぶ長距離バスの発着場でもあり、
自分も何度か利用した。

e0218019_12334620.jpg
あっちが津軽鉄道のホーム。
津軽鉄道に乗ると、太宰治の出生地として有名な金木に行ける。
冬は吉幾造の歌でお馴染みの「ストーブ列車」となる。

自分は五能線に乗って、次は弘前に向かう。
e0218019_12222370.jpg


歩いたのはこのあたり。

[PR]

by hiziri_1984 | 2012-10-02 13:25 | 西津軽探訪記(2012.8.15)  

<< 弘前と書いて“ひろさき”と読む ツッコミ道中 >>